みうら・みさき海の駅「うらり」を巡って、新鮮な海鮮を満喫

2018-7-24
海と日本PROJECT in かながわ

こんにちは!
『海と日本プロジェクト in かながわ』メッセンジャー キャンパスラボ 駒澤大学の前田京香です。
今回は三浦半島の先端にある三崎マグロ 三浦市の産直品売り場 『うらり ( http://www.umigyo.co.jp/ )』とその周辺を散策してきました。

うらりの中を歩いていると、とにかくマグロがたくさん売っています!
お店の方々は親切な人ばかりで、マグロの知識が豊富です。
私も散策している中でたくさんのマグロの部位を見せてもらったり、マグロの知識を教えていただきました。
「ねぎとろは身をネギ取るからねぎとろ」、「マグロはサバ科の魚」など散策しているだけで詳しくなれちゃいます。
大きなマグロの目玉を見たときはびっくりしました!

うらりの近くには海鮮丼などのお店がたくさんあり、新鮮なお魚もいただけます。
この日は、うらりのすぐそばの「まぐろ食堂 七兵衛丸」さんで海鮮ランチをいただきました。

 

ビーチカルチャーを発信!!

  1. 市場の方に様々な魚の知識を教えてもらいました!
  2. 美味しい海鮮丼もいただきました!

やっぱり海の近くってお魚がおいしいですよね。
皆さんも是非少し足をのばして、三崎のおいしい海鮮を楽しみに来てくださいね!

【キャンパスラボとは・・・】
わたしたちキャンパスラボは、各大学のミスキャンパスによる、社会課題に主体的に取り組むプロジェクトチームです。10代・20代のマーケティングから商品開発、PRやプロモーション立案まで一貫して考え、企業や自治体と共創し、課題解決に取り組んでいます。
http://www.campuslab.jp/

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る