【感想】海と日本プロジェクトの活動に参加して(横山桃子)

2018-11-19
海と日本PROJECT in かながわ

こんにちは!

『海と日本プロジェクトinかながわ』メッセンジャー

キャンパスラボ 芝浦工業大学2年の横山桃子です。

 

海と日本プロジェクトinかながわのメッセンジャーとして活動して、

私はより海について理解を深め、

今の海洋問題や若者の海離れについて学ぶことができました。

 

若者の海離れについて活動を通して、私は1つ感じたことがありました。

それは、内陸地方と沿岸地方の海への親しみ度のギャップです。

 

地元に海があり、日々海を感じることができる人々はとても海を大切に思い、

逆に内陸の方に住む私のような人々は

海について意識する機会が少ないのではないか、と取材を通してすごく感じました。

 

だから、誰もが楽しめる海にまつわるイベントはとても重要で、

またそのようなイベントの活動を発信する情報機関は

かなり需要性があることに気づきました。

 

今回は海をより親身になって考える貴重な体験になりました。

私達の活動が少しでも内陸地方に住む人々と

沿岸地方の方に住む人々の架け橋になればいいなと感じました!!

 

 

【キャンパスラボとは・・・】
わたしたちキャンパスラボは、各大学のミスキャンパスによる、社会課題に主体的に取り組むプロジェクトチームです。10代・20代のマーケティングから商品開発、PRやプロモーション立案まで一貫して考え、企業や自治体と共創し、課題解決に取り組んでいます。
【キャンパスラボ公式ホームページ http://www.campuslab.jp/

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る