海に囲まれた「あったかいまち」三浦市長にインタビュー!

2018-8-1
海と日本PROJECT in かながわ

こんにちは!
『海と日本プロジェクト in かながわ』メッセンジャーで
キャンパスラボ 駒澤大学3年の工藤舞子です。

今回は、三浦市・吉田英男市長のお話しを伺うため、三浦市役所へ行ってきました。

市長にインタビューということで、緊張していたのですが、
吉田市長はとても明るく気さくな方で楽しくお話を伺うことができました!

三浦市は海に囲まれていて、切っても切り離せないほど
海が日常に溶け込んでいるそうです。

そして三浦市はマリンスポーツも楽しむことができるとのことでした!
ウィンドサーフィンの大会も行われるほど、
三浦の海は広くてスポーツに適しているようですよ!

三浦市は「人よし、食よし、気分よし」というスローガンを掲げており、
あったかいまち・人で溢れているということが吉田市長のお話から分かりました!

 

三浦市・吉田市長にお話を伺いました!!

  1. 三浦市役所にやってきました
  2. 吉田市長のお話を伺いました
  3. 屋上からの眺めも素晴らしかったです!

帰りに寄った観光案内所でも、とても親切に
マグロが食べられるおすすめのお店を紹介してくださり、
本当にあったかい町だなぁと感じました!!

今回のインタビューの様子は、8月6日(月)よる7時55分~の『カナガワニ海』で放送を予定しています! ぜひご覧ください!

【キャンパスラボとは・・・】
わたしたちキャンパスラボは、各大学のミスキャンパスによる、社会課題に主体的に取り組むプロジェクトチームです。10代・20代のマーケティングから商品開発、PRやプロモーション立案まで一貫して考え、企業や自治体と共創し、課題解決に取り組んでいます。
http://www.campuslab.jp/

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る