三崎の海でビーチカルチャーを発信「みうら・みさき海の駅フェスタ2018

2018-7-24
海と日本PROJECT in かながわ

こんにちは!
『海と日本プロジェクト in かながわ』メッセンジャー キャンパスラボ 駒澤大学の前田京香です。
私は今回、7月16日、海の日に三浦で行われていたイベント「みうら・みさき海の駅フェスタ2018」に取材に行ってきました!

このイベントは(株)三浦海業公社が主催しており、子供から大人まで、海の楽しみを体験してもらい、ビーチカルチャーの発展と普及を目指すイベントです。

イベント内容は「船上釣り教室」を始めとした4つの体験、「海の魅力発信コーナー」における缶バッジやキーホルダー作り、釣って食べる「城ヶ島伊勢エビ釣り体験」、癒やしの「うらりハワイアンフェスティバル」など、多彩な催しものがありました。
その中で私は海上保安庁の船に乗ったり、疑似餌の作成などをさせていただきました。

今回、株式会社ヤマリアの取締役・大石さんにインタビューさせていただいたところ「釣りを通じて海の楽しさを知って貰いたい」とおっしゃっており、釣りの魅力を聞いて私も是非釣りに挑戦してみたいと思いました!!

『海と日本プロジェクト in かながわ』と株式会社ヤマリアでコラボしたルアーも今回特別に作成いただいたので、皆さん要チェックですよ!

 

ビーチカルチャーを発信!!

  1. 株式会社ヤマリア取締役の大石さんにインタビューしました
  2. コラボルアーも作っていただきました

今回の取材内容は、7月30日(月) よる7時55分~ tvkで放送中の『カナガワニ海』で放送予定です。
そちらも是非ご覧ください!!

【キャンパスラボとは・・・】
わたしたちキャンパスラボは、各大学のミスキャンパスによる、社会課題に主体的に取り組むプロジェクトチームです。10代・20代のマーケティングから商品開発、PRやプロモーション立案まで一貫して考え、企業や自治体と共創し、課題解決に取り組んでいます。
http://www.campuslab.jp/

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る