「森林と海は繋がっている…!?」秦野市長にインタビュー!

2018-7-2
海と日本PROJECT in かながわ

こんにちは!『海と日本プロジェクト in かながわ』メッセンジャー キャンパスラボ 駒澤大学4年 山下千晶です。

今回は、秦野市・高橋昌和市長にインタビューをしてきました!

秦野市は海に面していませんが、市長へのインタビューを通して、秦野市の美しい森林や川が、水循環により実は海と繋がっていることがわかりました!森林を美しく保つことで、美しい川と美しい海を保つことができるということなんです。

自然豊かな秦野市にはハイキングができる弘法山や丹沢山もあり、山の頂から海を眺めることができます!海に入るだけでなく、「山頂から海を眺め、想いを馳せる」というまた違った海の楽しみ方も、市長に教えていただきました!

海の近くに住んでいる人だけでなく、神奈川県に住むみなさんが海からの恵みを受けているんですね。

 

秦野市の美しい森林や川が、実は海と繋がっている?!

  1. 秦野市役所にやってきました!

インタビューの内容は、7月16日(月)よる6時15分からの『カナガワニ海』(※通常、よる19時55分からの放送になりますので、ご注意ください。)をご覧ください!お楽しみに!

山下 千晶

【キャンパスラボとは・・・】
わたしたちキャンパスラボは、各大学のミスキャンパスによる、社会課題に主体的に取り組むプロジェクトチームです。10代・20代のマーケティングから商品開発、PRやプロモーション立案まで一貫して考え、企業や自治体と共創し、課題解決に取り組んでいます。

【キャンパスラボ公式ホームページ http://www.campuslab.jp/ 】

関連リンク

ページ上部へ戻る