給スイカステーション

海と日本PROJECT in 神奈川県

7月27日の「スイカの日」に海と日本PROJECTエリア事務局(全31エリア)と連携し、一斉イベントを展開。熱中症対策を呼びかけます。給スイカステーションを設置し、スイカを無料配布しました。

当日の様子です!

今回、私たちが取り組む「給スイカステーション」は、日本財団が推進する「海と日本プロジェクト」の一環として実施されるもので、海難事故防止のために、海を安全に楽しんでもらうために行う取り組みです。

昨今、海辺のアクティビティの最中に、熱中症で搬送される人が増えています。一見、海辺と熱中症は縁がなさそうに見えますが、脱水に気付かないことがあります。そこで、海辺の熱中症予防として、海の風物詩ともいえるスイカの出番。スイカは『食べるスポーツドリンク』と呼ばれ、熱中症対策に有効な果物なのです。ですので、海辺の熱中症対策など、多様な夏のアクティビティにおいて、「給スイカ」を合言葉にしています。

イベント名給スイカステーション
参加人数800名に配布。
日程2016年7月27日
場所海の公園
主催日本財団
ページ上部へ戻る